ニッポンハム

イミダLabo(イミダラボ)イミダゾールペプチドに関する総合情報サイト

  1. HOME
  2. お役立ち

お役立ち

イミダFAQ

Q.イミダって何ですか?

正式には、イミダゾールジペプチドといいます。
お肉や魚に含まれる成分で、人間の体の中にも含まれています。食品としては、鶏のムネ肉に多く含まれることが分かっています。「カルノシン」や「アンセリン」といった物質の総称です。

Q.アンセリン、カルノシンって何ですか?

イミダゾールジペプチドに分類される物質の名称で、他にバレニンという物質もあります。

Q.イミダは、食べてもドーピングにはならないのですか?

イミダは、もともと人間も持っている成分で、ドーピングに当たるものではありません。

Q.イミダは、人の体のどの部分に多く含まれるのですか?

イミダは、速筋といわれる筋肉や、脳に多く含まれています。
速筋とは、瞬発力を生み出すのに使用する筋肉です。

Q.イミダを多く含むのは、どんな食品ですか?

鶏肉のほか、豚肉、牛肉、魚にも含まれています。
特に、鶏の胸肉やささみに多く含まれることがわかっています。
魚はマグロやカツオ、サケに多く含まれています。

Q.イミダは、調理しても壊れないのですか?

熱にも強いので、加熱調理しても問題ありません。
なお、イミダは水溶性のため、肉を煮込んだ際にはスープに溶けだしていますので、お肉と一緒にお召し上がりください。

個人情報の取り扱い

ページトップへ