ニッポンハム

イミダLabo(イミダラボ)イミダゾールペプチドに関する総合情報サイト

  1. HOME
  2. イミダとは?
  3. 論文・学会

イミダとは?

ニッポンハムのイミダ研究発表一覧 <論文・寄稿>

鶏胸肉エキスの持久力向上・疲労回復効果
佐藤ら FOOD Style 21 5(9): 47-51, 2001
短時間高強度運動時の疲労と酸ー塩基平衡
鈴木ら 体育の科学 52(6): 475-481, 2002
トリ胸肉抽出物(チキンエキス)のマウス遊泳持久力に対する効果
原田ら 日本栄養・食糧学会誌 55(2): 73-78, 2002
カルノシンおよびトリ胸肉抽出物(チキンエキス)のマウス遊泳疲労回復力に対する効果
原田ら 日本栄養・食糧学会誌 55(4): 209-214, 2002
食肉中カルノシン及びアンセリンの運動能力向上作用
佐藤ら 食肉の科学 43(1): 109-112, 2002
走行運動による筋肉の傷害に対するトリ胸肉抽出物摂取の影響
木村ら 必須アミノ酸研究 167: 89-91, 2003
トリ胸肉抽出物(CBEX)長期摂取が骨格筋カ中ルノシン濃度と短時間高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響
佐藤ら 体力科学 52(3): 255-263, 2003
トリ胸肉抽出物(CBEX)の経口摂取が高強度間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響
鈴木ら 体育学研究 49(2): 159-169, 2004
Carnosine and Anserine Ingestion Enhances Contribution of Nonbicarbonate Buffering
Suzuki et al. Med. Sci. Sport Exerc. 38(2):334-338, 2006
Effects of Carnosine and Anserine Supplementation on Relatively High Intensity Endurance Performance
Maemura et al. Int. J. Sport and Heal. Sci. 4: 86-94, 2006
運動時の疲労と酸緩衝
前村ら 体育の科学 56(9): 695-700, 2006
カルノシン・アンセリンを高含有するトリ胸肉抽出物(CBEX)の抗疲労効果
前村 食品と開発 42(2): 16-18, 2007
学習機能改善、抗ストレス素材としてのCBEX
鬼塚 食品と開発 42(9): 2-53, 2007
Oral administration of chicken breast extract increases brain carnosine and anserine concentration in rat
Tomonaga et al. Nutr. Neurosci. 10(3-4): 181-186, 2007
Safety evaluation of chicken breast extract containing carnosine and anserine
Sato et al. Food and Chemical Toxicol. 46(2): 480-489, 2007
Carnosine-induced antidepressant-like activity in rats
Tomonaga et al. Pharmacol. Biochem. Behav. 89(4): 627-632, 2008
遅発性筋肉痛および筋疲労感に対する鶏胸肉抽出物(CBEX)摂取の影響
前村ら 環太平洋大学研究紀要 1: 83-87, 2008
Chicken Breast Attenuates High-Intensity-Exercise-Induced Decrease in Rat Sarcoplasmic Reticulum Ca2+ Handling
Mishima et al. Int. J. Sport Nutri. Exrec. Metab. 18(4): 399-411, 2008
Oral administration of chicken breast extract Activates Serotonin Metabolism in the Hippocampus of Rats
Tmonaga et al. J. Anim. Vet. Adv. 8(11): 2276-2279, 2009
イミダゾールジペプチド(カルノシン・アンセリン)
佐藤 機能性ペプチドの最新応用技術 175-183, 2009
イミダゾールジペプチドの抗疲労作用
佐藤 FOOD Style 21 13(12): 35-37, 2009
鶏肉抽出物の摂取が中高齢者の筋力に及ぼす影響
佐藤ら 日本食品科学工学会誌 59(4): 182-185, 2012
Expression profiles of carnosine synthesis–related genes in mice after ingestion of carnosine or ß-alanine
Miyaji et al. J. Int. Soc. Sports Nutr. 9: 15, 2012

ニッポンハムのイミダ研究発表一覧 <学会>

運動による筋傷害に対するトリ胸肉抽出物の抑制効果
佐藤ら 第47回日本栄養改善学会. 2000.9.6-8. 2000年9月
トリ胸肉抽出物のマウス遊泳持久力に対する効果
原田ら 第47回日本栄養改善学会. 2000.9.6-8. 2000年9月
食肉中カルノシン・アンセリンの運動能力向上作用
佐藤ら 日本食肉研究会 2002年3月
CBEXの長期摂取がプロサッカー選手のコンディショニングおよび間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響
鈴木ら トレーニング科学研究会 2002年3月
Chronic Administration of Caronosine Improves Exercise Performance in Human Subjects
Sato et al. European college of sports science 2002年7月
ヒトにおけるカルノシン長期摂取が骨格筋中カルノシン含量と短時間高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響
佐藤ら 日本栄養・食糧学会 2002年7月
鶏胸肉エキス摂取がヒトの運動能力に及ぼす影響
佐藤ら 日本食品科学工学会 2002年8月
鶏胸肉エキス(CBEXTM)の経口摂取が間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響
鈴木ら 日本体力医学会 2002年9月
鶏胸肉抽出物の降圧効果-自然発症高血圧ラット(SHR)における検討-
勝田、奥村ら 第36回日本栄養・食糧学会東北支部大会および
第14回日本食品科学工学会東北支部大会合同学術講演会
2002年10月
鶏胸肉エキスの長期摂取が骨格筋カルノシン濃度および短時間高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響
鈴木ら 日本体育学会 2002年11月
トリ胸肉抽出物摂取による骨強化作用
佐藤ら 日本栄養・食糧学会 2003年5月
走行運動による筋肉の傷害によるトリ胸肉抽出物摂取の影響
柄澤ら 日本栄養・食糧学会 2003年5月
トリ胸肉抽出物(CBEXTM)摂取が血液ガスパラメーター及び高強度間欠的運動パフォーマンスに及ぼす影響
鈴木ら 日本体育学会 2003年9月
スプリントトレーニングとCBEX摂取が骨格筋カルノシン濃度に及ぼす影響
鈴木ら 日本体力医学会 2003年9月
急激な運動による筋傷害に対するトリ胸肉抽出物摂取の影響
柄澤ら 日本栄養改善学会 2003年9月
スプリントトレーニングが筋緩衝能および無酸素性能力に及ぼす影響
鈴木ら トレーニング科学研究会 2003年11月
急激な走行運動による筋肉傷害におけるカルノシンの保護効果
土屋ら 日本栄養・食糧学会 2004年5月
The role of carnosine on the muscle buffering capacity
Suzuki et al. International Society of Biomechanics in Sports Symposium 2004 2004年8月
サムゲタン摂取とダンベル体操の併行実施による健康増進プログラム
柄澤ら 日本栄養改善学会 2004年10月
飼育条件の違いによるカルノシン合成酵素活性の変化について
佐藤ら 日本栄養・食糧学会 2005年5月
カルノシンの老化及び脳異常に対する保護効果
田中ら 日本栄養・食糧学会 2005年7月
骨格筋カルノシン濃度と無酸素性能力との関係
前村ら 日本体力医学会 2005年9月
鶏ムネ肉抽出物(CBEX)摂取が高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響  ―有効作用量の検討― 
市川ら 日本体力医学会 2005年9月
トリ胸肉抽出物(CBEX)の経口投与がマウスの学習行動に及ぼす影響
早川ら 日本抗加齢医学会 2006年5月
トリ胸肉抽出物(CBEX)およびカルノシンの経口投与がマウスの学習行動に及ぼす影響
友永ら 日本栄養・食糧学会 2006年5月
トリ胸肉抽出物(CBEX)の長期摂取が持久運動能力および生理的応答に及ぼす影響
前村ら 日本栄養・食糧学会 2006年5月
Carnosineの神経細胞保護作用と含有量の加齢変化に関する検討
黒崎ら 日本栄養・食糧学会 2006年5月
鶏胸肉抽出物の経口投与が老化促進マウスの学習行動に及ぼす影響
友永ら 第60回日本栄養・食糧学会大会 2006年5月
Effects of carnosine and anserine supplementation on exercise duration taime and intracellular pH dynamics in isometric knee extension exercise
Maemura et al. European college of sports science 2006年7月
カルノシン・アンセリンの長期摂取が筋エネルギー代謝に及ぼす影響
前村ら 日本運動生理学会 2006年7月
カルノシン・アンセリンの長期摂取がレジスタンス運動に対するホルモン分泌応答に及ぼす影響
後藤ら 日本運動生理学会 2006年7月
カルノシン・アンセリン摂取がラット骨格筋の収縮特性に及ぼす影響
前村ら 日本体力医学会 2006年9月
筋肉痛および筋疲労感に対する運動後4日間にわたる継続的なトリ胸肉抽出物(CBEX)摂取の効果
前村ら 日本体力医学会 2006年9月
各種食肉中のカルノシン、アンセリン含量
佐藤ら 日本畜産学会 2007年3月
トリ胸肉抽出物(CBEX)の経口投与がラットの脳内カルノシンおよびアンセリン含量に及ぼす影響
友永ら 日本畜産学会 2007年3月
トリ胸肉抽出物の単回経口投与がラットの脳内遊離アミノ酸およびジペプチド含量に及ぼす影響
友永ら 日本栄養・食糧学会 2007年4月
経口投与によるカルノシンの生体内挙動
安藤ら 日本栄養・食糧学会 2007年5月
トリ胸肉抽出物およびカルノシンの投与がマウスの学習行動に及ぼす影響
友永ら 日本栄養・食糧学会 2007年5月
カルノシン・アンセリンを高含有するトリ胸肉抽出物(CBEX)の抗疲労作用について
佐藤ら カルノシン・アンセリン研究会 2007年5月
カルノシン・アンセリン高含有鶏胸肉抽出物の機能性と安全性について
佐藤ら 日本食品化学学会 2007年5月
Chicken breast extract and carnosine improve learning performance in mice
Tomonaga et al. International Conference of Meat Science nand Technology 2007年8月
カルノシン/アンセリンの長期摂取が中高齢者における筋機能および疲労感に及ぼす影響
前村ら 日本体育学会 2007年9月
トリ胸肉抽出物およびカルノシンの単回経口投与が強制水泳におけるラットのうつ行動に与える影響
友永ら 日本畜産学会 2007年9月
運動時の疲労とカルノシン
前村 カルノシン・アンセリン研究会 2010年5月
カルノシン摂取によるカルノシン合成酵素の発現量の変化
宮地ら 日本栄養・食糧学会 2011年5月
カルノシンによるCaco-2由来BDNF産生増強効果
門岡ら 化学関連支部合同九州大会 2011年7月
カルノシンとカルノシン合成酵素と筋線維組成との関係について
宮地ら 日本栄養・食糧学会 2012年5月
カルノシンによる腸管由来BDNF産生増強を通じた神経系制御
門岡ら 化学関連支部合同九州大会 2012年6月
カルノシン摂取による骨格筋中カルノシン量とATPGD1遺伝子発現量の変化
宮地ら 日本体力医学会 2012年9月
骨格筋カルノシン濃度とカルノシン合成酵素および筋線維組成との関係
前村ら 日本体力医学会 2012年9月
カルノシンによる腸管由来BDNF産生増強とその機能性
門岡ら 日本食品免疫学会 2012年10月
Chicken extracts containing imidazolepeptide, L-carnosine and L-anserine incease brain-deraived neurotrophic factor (BDNF) and mental performance in the aged
Sato et al. Neuroscience 2012(第42回 北米神経科学学会) 2012年10月
カルノシンによるCaco-2細胞の機能制御活性化と機能性
門岡ら 日本分子生物学会 2012年12月
カルノシンによるCaco-2細胞の機能制御
門岡ら 日本農芸化学会 2013年3月
カルノシンによる腸管におけるCREBの活性化とその機能性
藤井ら 日本農芸化学会 2013年5月
カルノシンによる腸管機能制御
門岡ら 日本栄養・食糧学会 2013年7月
カルノシンの腸管機能活性化効果
門岡ら 日本動物細胞工学会 2013年7月
カルノシンによる腸管でのCREB活性化とその機能性
藤井ら 化学関連支部合同九州大会 2013年7月
カルノシンによる腸管CREBの活性化とその分子基盤
藤井ら 日本食品免疫学会 2013年10月
カルノシンによる腸管上皮細胞におけるCREBの活性化を通じたミトコンドリア生合成の亢進
藤井ら 日本分子生物学会 2013年12月
カルノシンによる腸管におけるミトコンドリア生合成の亢進
藤井ら 日本農芸化学会 2014年3月
イミダゾールジペプチドの供給源としての鶏肉摂取について
佐藤ら 日本栄養・食糧学会 2014年5月
カルノシンによる腸管上皮細胞におけるミトコンドリア生合成の亢進とその分子基盤
藤井ら 日本栄養・食糧学会 2014年5月
Application of carnosine and anserine in functional foods
Sato et al. 国際カルノシン・アンセリン学会 2014 2014年8月
鶏肉高機能ジペプチドを用いた中高齢者の心身健康維持に関する研究
松本ら 日本食肉研究会 2015年3月
1H-MRSを用いた骨格筋カルノシン濃度の定量:イミダゾールペプチド摂取の効果
髙橋ら 日本磁気共鳴医学会大会 2015年9月
カルノシンによる腸管上皮細胞におけるアンチエイジングシグナル活性化機構の解明
藤井ら 日本食品免疫学会 2015年10月
カルノシンによる腸管上皮細胞における抗老化シグナル活性化機構の解明
藤井ら 日本分子生物学会 2015年12月
カルノシンによるアンチエイジングシグナル活性化効果
久保ら 日本農芸化学会 2016年3月

ニッポンハムのイミダ研究発表一覧 <セミナー・講演>

ニワトリを利用した機能性食品素材-開発と研究トピック-
佐藤 日本畜産学会 ランチョンセミナー 2004年3月
カルノシンの運動能力向上作用について
佐藤 機能性食品用ペプチド工業会 2005年8月
エビデンス・データに基づいたカルノシン・アンセリン(CBEX)の有用性〜スポーツ時のパフォーマンス向上作用について〜
前村 食品開発展2005 2005年10月
カルノシン・アンセリンがアスリートをさらなるハイパフォーマンスへ導く!〜スポルコプロCBEXのご紹介〜
前村 日本体育学会 企業セミナー 2005年11月
抗疲労素材「カルノシン・アンセリン(CBEX)」
前村 ifia JAPAN 2006 2006年6月
運動時の筋疲労をカルノシン
前村 日本運動生理学会 ランチョンセミナー 2006年7月
アンチエイジングペプチド カルノシン・アンセリン
佐藤 ifia/HFE JAPAN 2007 2007年6月
活気あふれるあなたに 〜CBEX〜
清水 食品開発展2007 2007年11月
スポーツを支えるイミダゾールジペプチド 〜トップアスリートから健康増進まで〜
柄澤 ifia JAPAN 2012 2012年5月

個人情報の取り扱い

ページトップへ