ニッポンハム

イミダLabo(イミダラボ)イミダゾールペプチドに関する総合情報サイト

  1. HOME
  2. イミダとは?
  3. イミダゾールジペプチド(イミダ)とは?

イミダとは?

イミダゾールジペプチド(イミダ)とは、どのような成分?

イメージ

イミダゾールジペプチド(イミダ)は、いろんな生物に含まれる成分で、人間の筋肉の中にも存在しています。

そして、食品として食べると、筋肉の中に蓄積し、運動パフォーマンスを向上させることが、確認されています。

日本ハム(株)中央研究所では、鶏肉からイミダを抽出し、15年の年月をかけて研究を進めてきました。
トップアスリートからも注目されている成分です。

どんな生き物が持っている?

ヒトの体には、カルノシンだけが存在し、鳥類や魚類にはアンセリンが多く、海獣類(クジラやイルカ)にはバレニンが多いなど、生物の種類によって持っているイミダの種類は異なります。
ウシ、ブタ、ニワトリのほか、ヒツジやウマ、サバ、マグロ、サケ、クジラなど、私たちの生活の中で、食品として活用されている生物にも、イミダは含まれています。
なお、カルノシンは、牛肉エキスの中から発見されたため、肉を意味するcarnoを語源としています。
また、アンセリンはガチョウの筋肉から発見されたため、ガチョウを意味するanserineから名づけられました。

年齢との関係

ヒトの筋肉に含まれるイミダ(カルノシン)量を調べた実験結果です。
加齢に伴い、筋肉中のカルノシン濃度は減少することがわかっています。

筋肉中のカルノシン濃度は、
加齢に伴い減少します。

加齢と筋肉中のカルノシン濃度との関係

加齢と筋肉中のカルノシン濃度との関係 図

H.J,Stuerenburg ,K. Kunze / Arch, Gerontol.Geriatr.29, 107-113 ,1999

どのような物質?

イミダ

イミダ イメージ

イミダは、動物の筋肉に多く含まれる成分で、カルノシン、アンセリン、バレニンに代表されるジペプチドの総称です。ジペプチドとは、2つのアミノ酸がつながったもので、それぞれ下記のアミノ酸から出来ています。

  • ●βアラニン+ヒスチジンカルノシン
  • ●βアラニン+1メチルヒスチジンアンセリン
  • ●βアラニン+3メチルヒスチジンバレニン

イミダには、抗疲労効果や運動パフォーマンス向上効果が認められており、食品として摂取する方が増えています。2020に向けて、注目されている成分です。

個人情報の取り扱い

ページトップへ